何もしない美容法ってなに?

「何もしない美容法」とは、そのままの通り、洗顔後は何もしないという美容法になります。これは、究極の引き算によるスキンケアなので、ただのズボラではないんですよ。普段のスキンケアは、洗顔をして化粧水や美容液、乳液やクリームなど様々なアイテムをつかいますよね。実は、こういったお手入れが肌を疲れさせている事に繋がっていたんです。肌の疲れを取ってやる、つまり肌本来の力を取り戻すためにあえて何もしないという美容法が生まれました。

何もしないって、どうやるの?

特に30代以上の方にはオススメの方法になります。朝はぬるま湯だけの洗顔をします。温度の目安は、触ったときに少し冷たいかな?と思う程度が最適です。あまり温度の高いお湯で顔をゆすいでしまうと、余分な皮脂まで取ってしまうからです。夜は石鹸をよくあわ立てて、頬と鼻、おでこにふんわりと乗せてあとはお湯ですすぐだけです。ポイントは、なるべく触らないくらいのタッチで行なうことです。洗顔後はそのまま何もしません。多少皮膚がつっぱった感覚が合っても、次第になくなります。

何もしない美容法の効果とは

効果を感じるにはもちろん個人差などがありますが、効果を感じた人には、乾燥肌が改善した・鼻だけがいつもテカっていたのがなくなった・肌のくすみが改善して透明感が増したといったメリットがあります。これは、肌へ過度な栄養を与えることをやめた結果、肌本来の持つ自助作用が働き、ターンオーバーなどが正常になったということでもあります。また、過剰な皮脂で気になっている人にありがちな過剰な洗顔は、かえって肌に必要な皮脂までも取り去っていたために、肌を守るために皮脂を出していたということです。

品川美容外科の判例について調べる