スキンケア方法、間違っていませんか?

毎日ケアしているのに、肌トラブルが改善しないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。実は高い化粧品を使わなくてもちょっとの工夫で肌がキレイになるんですよ。まずはいつものスキンケア方法を見直してみませんか?例えば、洗顔の時に使うお湯の温度は高すぎたりしていませんか?皮脂を取り除くのに必要な温度は30度くらいがベストとされています。それ以上の温度にしてしまうと必要な油分まで落としてしまうので乾燥の原因になってしまいます。

クレンジングにもこだわろう

アイメイクやばっちりメイク、ナチュラルメイクなど色々な方法などがありますが、全てのメイクを同じクレンジングで落としていませんか?実は自分の肌に合うクレンジングは、ベースメイクの程度で選ぶことが大切なんです。例えば、お湯で落とせるメイクや軽いアイメイクなどであればミルクタイプのクレンジングで十分です。いつも洗浄力の強いクレンジングを使ってしまうと、肌へのダメージが大きくなってしまいます。また、メイクを落とした後はすぐに化粧水や美容液で保湿を心がけましょう。

肌コンディションによってスキンケアも変えよう

女性の場合は生理周期に合わせて肌の状態も変わるためそれに準じたケア方法もかえる必要があります。肌の乾燥時期といわれるのはちょうど生理がきているときになります。その時は出来る限り保湿に心がけて体を温めるようにします。卵子が成長し排卵が訪れる卵胞期は美肌期とも言われ、美白ケアやパックなどで肌に栄養を与えましょう。その後にくる調整期は肌の内側が乾燥するため皮脂のとりすぎに注意します。そして生理直前のトラブル期は基本のスキンケアを丁寧に行なって、あまり無理をしないことが重要です。

品川美容外科の死亡まとめサイト