BBクリームとCCクリームの違いとは?

ベースメイクアイテムの中でもメジャーになってきたBBクリームとCCクリーム。しかし、この2つのクリーム、一体何が違うのでしょうか。まず、BBクリームは肌の炎症を抑えたり、ニキビ跡などを隠すために作られたクリームです。なので、塗ることで肌の欠点を隠すという用途で使用されます。反対に、CCクリームとは色味を加えることで肌をぼかしながら欠点を隠す用途のクリームです。保湿成分などが多く含まれているので、肌のハリを高めしわなどを目立ちにくくさせる効果もあります。

マット系?ナチュラル系?塗った後の印象の違い

2つのクリームは用途が違うため、塗った後の肌の質感も大きく異なります。BBクリームはカバー力が強く、クマやニキビ跡もしっかり隠してくれますがその特徴ゆえにマットな質感になり、しっかりお化粧をしている印象が強くなります。CCクリームは肌を整えながら色味を補正していくので、ナチュラルで自然な仕上がりになることが特徴的です。ベースメイクのイメージは全体の印象を大きく変えてしまうこともあるので、自分のメイクやファッションのイメージによって使い分けましょう。

2つのクリームは肌トラブルによって使い分けよう

肌の悩みによってBBクリームとCCクリームを使い分けてみましょう。まず、カバー力重心のBBクリームがおすすめなのは、シミやニキビ跡など部分的にに気になる箇所がある方です。BBクリームとコンシーラーを上手に使って滑らかな美肌を手に入れましょう。血行が悪い、乾燥肌などで全体的な肌のくすみが気になる方にはCCクリームをおすすめします。顔全体のトーンを明るくすることで透明感のある美しい素肌を演出することができます。

品川美容外科の2chについて調べる